【注意】
再インストールしたばかりのアイスワンでデータのアップロードやダウンロードを行うには
サーバーの設定値を入力する必要があります。
また設定を行い、サイトデータをダウンロードする前にアップロードを行ってしまうと
サイトデータが無くなってしまいますので充分にご注意下さい。

1.アイスワンを起動すると空白のサイト選択画面が出ますので、「新規作成」をクリックします。
新規作成をクリック

2.サイト名入力画面が出てきますので、サイト名を入力します。
※ご自身で管理するためのサイト名です、HPには一切適用されません。
サイト名を入力

3.「NECUBE.NET レンタルサーバサービス開通のご案内」を参照しながら設定値を入力します。
※開通案内書のサンプルはこちら
サーバー設定値の入力を行います。
・フォルダ名
PC内のフォルダ名です、HPアドレス等には一切適用されません。

・FTPアドレス
ドメイン名を入力します。

・HTMLの初期フォルダ
通常の場合は「www」のままで問題ありません(※)が、ご自身のサイトのトップページのURLが
以下のようになっている場合は修正が必要です。

(例) http://www.(ドメイン名)/hp/index.html

上記のようにドメイン名と「index.html」の間にアドレスが入っている場合は、
アドレスを「www」のあとに追記します。(上記例の場合は「www/hp」と入力)
※PIZETサーバご利用の方は初期フォルダを「web」にしてください。


・HTMLアドレスをhttpから記入
「http://www.」に続けて「お客様ドメイン名」を入力します。
※「HTMLの初期フォルダ」同様、追記が発生する場合はドメイン名のあとに追加アドレスを入力して下さい。

・Perlのパス、Sendmailのパス
修正は不要です、そのまま次に進みます。

・FTP ID
FTP設定情報の「FTP ID」を入力します。

・パスワード
「FTPパスワード」を入力します。アルファベットの大文字小文字にご注意下さい。
※パスワードを変更された場合は変更後のパスワードをご入力下さい。

・SSLの使用
HPのお問い合わせページやショッピングページのアドレスが「https」で始まる場合は
チェックを入れたうえで設定が必要です。

・SSLのホストの初期フォルダ
通常の場合は「ssl」のままで問題ありませんが、ご自身のサイトの問い合わせページ等の
URLが以下のようになっている場合は修正が必要です。

(例) https://(収容サーバ名).necube.net/(ドメイン名)/hp/cgi-bin/~

上記のようにドメイン名と「cgi-bin」の間にアドレスが入っている場合は、
アドレスを「ssl」のあとに追記します。(上記例の場合は「ssl/hp」と入力)

・SSLアドレスをhttpsから記入
お客様登録情報の「共用SSLホームページURL」を入力します。
※「SSLのホストの初期フォルダ」同様、追記が発生する場合はドメイン名のあとに追加アドレスを入力して下さい。

・サイトの最大容量
そのままの設定で次へ進みます。

・メールアドレス
サイトの元となるメールアドレスを入力します。
※ご不明な場合は任意のメールアドレスを入力したあとにサイトデータをサーバから
ダウンロードすることにより、設定済みのデータが表示されます。

【ご注意】
本欄に表示されるメールアドレスはあくまでもアイスワン上で管理しているだけのものです。
お問い合わせフォーム受信用アドレスやショッピングカート用アドレスについては設定アドレスが
違う場合がありますのでご注意下さい。
(サイトデータがダウンロードされた時点で各設定が反映されます)

すべて設定が終わりましたら「設定保存」をクリックして保存します。

4.ダウンロード download.JPG を押して、サーバ上にあるデータをアイスワンに取り込みます。