エラーコードというと難しそうですが、絵で見れば意外と簡単。
OutlookExpressご利用の際、送受信の時にエラーが発生する場合があります。
エラーウインドウが出た場合、下記画面で2のエラーコードを参照して、以下の内容をご参考下さい。

(エラーウインドウに詳細画面が出ない場合、★を押すと詳細が出ます。また内容が異なる場合、1の「エラー」と書いたタブを押してください)

OutlookExplessのメールエラー画面

2のコメントはエラーの種類によって変わります。以下に代表的なエラーコードを表示します。
エラーコード説明
0x800CCC090クライアントに接続ができません。(アカウントもしくはパスワードが間違っているため)
0x800CCC092アカウントもしくはパスワードが間違っています。
0x800CCC05サーバーに接続されていません。
0x800CCC0Dサーバーが見つかりません。
0x800CCC0Eサーバーに接続できません。
0x800CCC0F接続が解除されました。
0x800CCC18ログオンに失敗しました。
0x800CCC19ログオンに失敗しました。
0x800CCC69メールボックスが見つかりません。
0x800CCC78送信者が不明です。返信先フィールドに、誤った電子メールアドレスが入力されています。
0x800CCC79受信者がサーバーによって拒否されました。
0x800CCC91ユーザー名が無効か、ユーザーが見つかりません。
0x80042108受信 (POP3) メール サーバーに接続できません


それぞれのコードについての解決策は。

エラーコード 解決策
0x800CCC18
0x800CCC19
0x800CCC090
0x800CCC092
受信メールサーバーのアカウントとパスワードがあっていることを確認します。
ツール→アカウント→メールタブ→プロパティ→サーバの順にタブをクリックします。
受信メールサーバーのアカウントパスワードがあっているか確認して下さい。
(ゼロとオー、アイとエルの小文字や1など、似た文字の間違いの可能性もあります)
このときパスワードを保存するをクリックしておくと、outlook expressを立ち上げるたびにパスワードを入力する必要がなくなります。
エラーメッセージに「LocalHost」と表示されている時は、
ウイルスバスター等のウイルス駆除系ソフトが設定されていることを表しています。
設定をOFFにして送受信できるかお試し下さい。
詳しくは、各ソフトの説明書をご参照下さい。

0x800CCC05
0x800CCC0D
0x800CCC0E
0x800CCC69
0x800CCC91
0x800CCC78

インターネット接続環境を確認します。をクリックして、正常に表示できることを確認します。
次にサーバー環境を確認します。ツール→アカウント→メールタブ→プロパティ→サーバの順にタブをクリックします。
サーバー情報の受信メール(POP3)、送信メール(SMTP)に入力されている情報を確認します。以下のように設定されていることを確認して下さい。

受信メール(POP3)サーバー:お客様ドメイン名
送信メール(SMTP)サーバー:お客様ドメイン名
※プロバイダや他社レンタルサーバーのメールアドレスをご利用の場合、記述が異なる場合があります。

これらを確認しても問題解決できないような場合は、お客様固有の環境の問題の可能性があります。ウイルス対策ソフトをはずしてみる、ルータやハブなどに問題がないか確認してみてください。

0x800CCC0F 容量の大きなメールを送受信している可能性があります。容量をご確認ください。
受信の場合はウエブメーラーまたはnPOP等で容量を確認し、大きなメールがあったら削除して下さい。
サーバーのタイムアウトを長めに設定してください。
0x800CCC79 宛先のメールアドレスが間違っている可能性があるので、宛先のメールアドレスをもう一度ご確認ください。
(届いたメールへの返信であっても、メールアドレスの間違いや@マーク等全角文字が混じっていることもあります。)
0x80042108 ウイルス対策ソフトが原因でメールサーバーに繋がらない場合がございますので、ウイルス対策ソフトを一時的に無効にしてお試し下さい。


これらを実行してもエラーが発生する場合は当社サポート窓口までお問合せ下さい。